産経フォト

電動の小型トラック発売 三菱ふそう、NYで式典

2017.9.15のニュース

自動車

電動の小型トラック発売 三菱ふそう、NYで式典

dly1709150008

【ニューヨーク共同】三菱ふそうトラック・バス(川崎市)は14日、ニューヨークで電動の小型トラック「eキャンター」の発売式典を開いた。7月に量産を始めており、今後2年間で計500台の販売を目指す。電気だけで走るトラックの量産に乗り出したのは大手メーカーでは世界で初めてという。

 米電気自動車メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は13日、同社初の商用車となるトラックを10月26日に発表すると表明しており、電動トラックの販売競争が激しくなりそうだ。

 北米と欧州で販売する車両はポルトガルの工場で、日本向けは川崎工場でそれぞれ生産する。日本では、セブン-イレブン・ジャパンに年内に25台を納入することが決まっている。

 eキャンターは都心部での配送に使うことを想定し、積載量は最大3・5トン、1回の充電で走れる距離は60マイル(約96キロ)を超える。1万マイルを走った場合、ディーゼル車と比べ2千ドル(約22万円)のコストを減らせるという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング