産経フォト

日印首脳が出席し起工式 新幹線方式導入の高速鉄道

2017.9.14のニュース

ニュース

日印首脳が出席し起工式 新幹線方式導入の高速鉄道

dly1709140021

【アーメダバード共同】インド訪問中の安倍晋三首相は14日、西部アーメダバードで開かれた同国初となる高速鉄道の起工式に、モディ首相とともに出席した。日本の新幹線方式が導入されるため、安倍氏は「日本政府、企業が一丸となってモディ首相の決断を支援する」と表明した。

 起工式は起点となるサバルマティ駅付近の広場で開かれ、両政府高官や企業関係者らも出席。安倍氏がヒンディー語で「ナマスカール(こんにちは)」とあいさつすると、会場のインド人から歓声が上がった。モディ氏は「高速鉄道は日本からインドへの大きな贈り物」と両国の協力の重要性を強調した。

 高速鉄道はアーメダバードと商都ムンバイの約500キロを結び、所要時間は在来線の約8時間から2時間台へ大幅な短縮を見込む。本格的な工事は2018年から開始され、23年の開業を目指している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング