産経フォト

外国人増で交番に翻訳端末 31言語に対応、福岡県警

2017.9.14のニュース

ニュース

外国人増で交番に翻訳端末 31言語に対応、福岡県警

dly1709140009

 福岡県警は、外国人観光客の増加に対応するため、都心部や観光地に近い県内8カ所の交番に中国語や韓国語、英語など31言語を翻訳するタブレット端末を導入した。交番勤務の警察官は「安心した表情で話してくれるようになった」と話す。

 県によると、昨年、博多港や福岡空港などを通じて入国した外国人は約260万人で、2011年の約4.3倍。昨年12月現在の外国人在住者は約6万4千人に上り、過去10年で最多という。

 交番ではこれまで、警察官が韓国語や英語などの基本的な会話文を覚えて対応。しかし、近年はスリランカやネパールなど国籍も多様化し、現場から「片言の言葉とジェスチャーだけでは限界がある」との声が上がっていた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング