産経フォト

太陽フレア、磁気嵐のピーク過ぎる GPSに影響続く恐れ

2017.9.8のニュース

ニュース

太陽フレア、磁気嵐のピーク過ぎる GPSに影響続く恐れ

dly1709080021

 太陽表面で起きた最大級の爆発現象「フレア」について、情報通信研究機構は8日、地球上空で起きた磁気嵐のピークは過ぎたとの見方を明らかにした。同機構や国土交通省などによると、電子機器の障害や、生活に支障が出るような衛星利用測位システム(GPS)のずれなどは確認されなかった。

 ただ高層大気への影響は数日間続く可能性があり、カーナビやスマートフォンに使われるGPSに誤差が生じる恐れは残る。

 太陽活動は9月に入ってフレアが連続して発生するなど活発になっており、同機構は引き続き注意を呼び掛ける。

 最大級の太陽フレアは6日に発生し、8日午前7時ごろ、放出された大量の粒子が衝撃波となって地球の上空に到達した。同機構は、磁気嵐の発生と上空の電離層の乱れを観測。磁気嵐のピークは8日午前中だった。電離層の乱れは、飛行機や船の無線で使われる短波通信やGPSに障害を起こす可能性があるが、いったん乱れると戻るまでに数日間は続く恐れがあるという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング