産経フォト

ドローンでサル撃退作戦 農作物被害の畑で実施

2017.8.13のニュース

ニュース

ドローンでサル撃退作戦 農作物被害の畑で実施

dly1708130008

 大分市は、野生のニホンザルの餌付けで知られる高崎山自然動物園周辺で、群れに属さずに山を下りて農作物を荒らすサルを、天敵のタカを模した小型無人機ドローンを飛ばして追い払う取り組みを続けている。

 「田ノ浦地区は県内最大のビワの産地。観光も大事だが、被害を少しでも減らしたい」。県農業協同組合のビワ担当阿南智浩さん(36)は訴える。市によると、高崎山の東側に位置する田ノ浦地区は、ビワやイチジク、ミカンの生産が盛んだが、サル被害に長年悩まされてきた。

 サルによる農作物被害に対する市の補償額は、2015年度が590万円、16年度が393万円。自然動物園内で餌を食べない「離れザル」が100匹程度生息するとされる。

 ドローン使用はこれまで4回で、ビワの収穫期の5月末に開始。目やくちばしなどを付けてタカを模したドローンにサルのぬいぐるみをつり下げ、録音したサルの悲鳴をスピーカーから流すなどした。サルが捕食される状況を再現し、怖がらせる作戦という。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング