産経フォト

コウノトリ、全国に飛来 秋田で確認、野生復帰進む

2017.8.12のニュース

生き物

コウノトリ、全国に飛来 秋田で確認、野生復帰進む

dly1708120011

 兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)は12日、秋田県仙北市に国の特別天然記念物コウノトリ1羽が飛来したと明らかにした。2005年に同園が放鳥を始めて以来、野生への復帰が進み、全都道府県で確認されたことになる。

 同園によると、このコウノトリは雌の2歳で、15年7月23日に千葉県野田市で放鳥された。秋田市の会社員遠藤英之さん(41)が今月11日午前8時半ごろ、秋田県仙北市内で撮影した写真を同園に提供し、同園が翌12日、足輪の色の組み合わせから確認した。

 コウノトリは1971年に国内で絶滅。豊岡市周辺で野生復帰の取り組みが続き、今年は豊岡市周辺以外では初めてひなの誕生や巣立ちがあり、野外に生息する個体数が100羽に到達。秋田県を除く46都道府県で飛来が確認されていた。

 同園の山岸哲園長は「今後も日本全国に飛来し、さらに多くの方々に幸せを届けてくれることを期待する」とコメントした。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング