産経フォト

PAC3、中四国配備へ 北朝鮮ミサイル落下に備え イージス艦の展開も検討

2017.8.11のニュース

ニュース

PAC3、中四国配備へ 北朝鮮ミサイル落下に備え イージス艦の展開も検討

dly1708110015

 北朝鮮が米領グアム周辺に弾道ミサイルを発射する構えを見せていることを受けて、政府は日本国内への落下に備えて空自の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を展開する調整に入った。北朝鮮が上空を通過すると名指しした島根、広島、高知の3県を中心に中四国に配置する考えだ。政府関係者が11日、明らかにした。

 小野寺五典防衛相は10日夜、東京都内で記者団に「さまざまなことを勘案しながら必要な措置を取っていく」と説明。これとは別に安全保障関連法に基づき、集団的自衛権の行使可能な存立危機事態の認定もあり得るとの考えを示しており、迎撃ミサイルを搭載した海上自衛隊のイージス艦の展開も検討している。

 日本のミサイル防衛は二段構え。イージス艦に搭載した海上配備型迎撃ミサイル(SM3)で破壊を試み、撃ち漏らした場合、空自のPAC3で対応する。PAC3は北朝鮮のミサイルが不具合などで日本の領土や領海に落下するなど、不測の事態が起きた場合に使用される。

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング