産経フォト

北朝鮮決議の早期採択を 岸田氏、国連事務総長に

2017.7.18のニュース

ニュース

北朝鮮決議の早期採択を 岸田氏、国連事務総長に

dly1707180004

 岸田文雄外相は17日午後(日本時間18日午前)、国連のグテレス事務総長と国連本部で会談した。弾道ミサイル発射を続ける北朝鮮に対し、より厳しい措置を含む新たな国連安全保障理事会決議を早期に採択することが重要だと指摘。グテレス氏と北朝鮮問題を巡って意思疎通を図り、協力していく方針で一致した。

 岸田氏は会談で「北朝鮮の脅威は新たな段階に至っている」と強調。「今は圧力を強化すべきで、中国の役割が鍵だ」と訴えた。会談後、岸田氏は記者団の取材に応じたが、北朝鮮に関するグテレス氏の発言は明らかにしなかった。

 両氏は国連安保理改革の推進に向け、緊密に協力することも確認した。

 これに先立ち、岸田氏はタイのドン外相と会談。今月4日の北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に関し「地域全体の脅威だ」とした上で「北朝鮮の非核化に向けた圧力強化が必要だ」として、東南アジア諸国の協力を求めた。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング