産経フォト

バラ、舌でも楽しんで 埼玉の女性起業家奮闘

2017.7.15のニュース

ニュース

バラ、舌でも楽しんで 埼玉の女性起業家奮闘

dly1707150005

 美しいバラを舌でも楽しんでもらおうと、埼玉県深谷市の女性が起業し、食用バラを使った商品の販売に力を入れている。ビタミンCなどの栄養価も高く国内外で人気を集めており、アジア各国に販路を広げている。

 「見た目や香りだけでなく栄養面も優れていて、美容や健康に良いんですよ」。食用バラ生産会社「ROSE LABO」(深谷市)の社長田中綾華さん(24)は話す。

 田中さんによると、バラはビタミンCや、老化の原因の活性酸素を減らすとされるポリフェノールを多く含む。

 設立当初の年商はわずか150万円ほど。田中さんは「アルバイトをしてスタッフの給与を支払っていた」と苦労を語るが、今年は既に2500万円を超えた。「国産の食用バラを世界に流通させ、多くの人に魅力を伝えることが私の夢です」と目を輝かせている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング