産経フォト

チェルノブイリ原発も影響 大規模サイバー攻撃 「PETYA」ロシア、欧州諸国、米国へ 

2017.6.28のニュース

ニュース

チェルノブイリ原発も影響 大規模サイバー攻撃 「PETYA」ロシア、欧州諸国、米国へ 

dly1706280005

 ロシアやウクライナ、欧州諸国で27日起きた大規模サイバー攻撃で、1986年に爆発事故があったウクライナのチェルノブイリ原発への立ち入り制限を行う当局は27日、米マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」と接続できなくなり、原発の放射線監視システムが自動から手動に切り替わったと明らかにした。システムは正常に稼働中という。タス通信などが報じた。

「ワナ・クライ」似

 米ソフトウエア会社シマンテックによると、今回のサイバー攻撃では、5月に日本を含む世界約100カ国への大規模サイバー攻撃で使われた身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」の「ワナ・クライ(泣きたい)」に似た「PETYA」が使用された。ロシア通信によると、ウクライナ内務省高官は、ワナ・クライの改造版が今回の攻撃に使われたと語った。英BBC放送などは、5月の攻撃と同様のネットワーク上の弱点が今回も狙われた可能性があるとの専門家の見方を伝えた。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング