産経フォト

難民の子とサッカー交流 タイ北西部、元Jリーガー

2017.6.20のニュース

ニュース

難民の子とサッカー交流 タイ北西部、元Jリーガー

dly1706200021

 国連が定めた「世界難民の日」の20日、タイ北西部ターク県ヌポ村にあるミャンマー人難民キャンプで、元Jリーガーによるサッカー教室や絵本の読み聞かせが行われ、約200人の子どもたちが交流を楽しんだ。

 サッカー教室では、バンコク在住で、かつてジュビロ磐田に所属していた本田慎之介さん(26)=福島県出身=がコーチ役を務めた。子どもたちは本田さんの指示に従って、ぬかるんだグラウンドをはだしで元気に走り回っていた。

 サッカー教室に参加したノンムーンさん(12)は「楽しかった。また来てほしい」と話した。

 タイのミャンマー国境近くには計9カ所の難民キャンプがあり、約10万人が暮らす。

 イベントは公益社団法人「シャンティ国際ボランティア会」(東京都)が主催し、在タイ日本大使館やJリーグが後援。(バンコク共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング