産経フォト

大山1300年の記念料理 鳥取・米子、お披露目

2017.6.20のニュース

ニュース

大山1300年の記念料理 鳥取・米子、お披露目

dly1706200019

 鳥取県の大山が来年に開山1300年を迎えるのを前に、地元の旅館や飲食店が旬の食材を使った記念料理を考案し、同県米子市で20日開かれた発表会で春夏向けの9品を披露した。

 鳥取名産の長芋とウニをのせて大山をかたどった鳥取和牛のロールずしや、同県の境港産マグロでだしを取ったラーメンなど山や海の恵みが詰まった料理を関係者が試食した。

 出席した中山貴雄・県西部総合事務所長は「鳥取の自然を体現する料理が出来上がった」と満足げ。「大山開山1300年祭」実行委員会の依頼で発表会を開催した「名物料理を作る会」の土井一朗会長は「きれいな水が育んだ野菜や肉、魚です。鳥取を訪れて自然も食も味わってもらいたい」と期待を込めた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング