産経フォト

初の空路墓参、濃霧で中止 年内実施ロシアと再協議へ

2017.6.19のニュース

ニュース

初の空路墓参、濃霧で中止 年内実施ロシアと再協議へ

dly1706190009

 北方領土の元島民らが初めて航空機で国後、択捉両島を訪れる予定だった19日の空路墓参は、国後島のメンデレーエフ空港付近の濃霧により中止となった。改めて実施するかどうかは未定。同行予定だった岸信夫外務副大臣は記者団に対し、「今年中の実施に向けて調整したい」と述べ、ロシア側と再協議する考えを示した。

 空路墓参は当初、18日に実施予定だったが、同様に空港付近の濃霧で順延となっていた。訪問団は70人で、うち元島民と家族が計35人。出発地の北海道・中標津空港周辺で待機していた。

 従来の墓参は、船で移動していた。高齢化が進む元島民の負担を考慮し、4月の日ロ首脳会談で6月中の空路墓参に合意した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング