産経フォト

比叡山行き観光車両投入へ 叡山電鉄、18年春から

2017.3.30のニュース

鉄道

比叡山行き観光車両投入へ 叡山電鉄、18年春から

dly1703300030

 叡山電鉄(京都市)は30日、京都市の出町柳駅と八瀬比叡山口駅を結ぶ叡山本線に観光用車両を投入すると発表した。京都市中心部から滋賀県・琵琶湖に至る観光ルートを活性化させる狙いで、18年春に運行開始する。車両の正面が楕円になっており、奇抜なデザインが話題を集めそうだ。

 通常運賃で乗車できる。列車は既存の700系の1車両を大幅に改装する。内装のデザインや運行スケジュールは今後詰めるという。

 叡山本線は1925年に比叡山延暦寺(大津市)の参詣ルートとして開業。出町柳駅と鞍馬駅(京都市)を結ぶ鞍馬線では97年に観光用車両「きらら」を導入した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング