産経フォト

五輪事前合宿で英国と契約 慶応大と横浜・川崎市

2017.3.21のニュース

ニュース

五輪事前合宿で英国と契約 慶応大と横浜・川崎市

dly1703210020

 慶応大と横浜市、川崎市は21日、2020年東京五輪の事前キャンプ受け入れについて、英国オリンピック委員会(BOA)と契約を締結した。

 BOAのヒュー・ロバートソン委員長は慶応大日吉キャンパスで開かれた締結式で「英国選手のために世界クラスの施設が確保できたと信じている」と述べた。

 慶応大などによると、競泳やサッカー、アーチェリーなど17競技の受け入れが決定。使用施設として、横浜市の横浜国際プールや慶応大日吉キャンパス、川崎市の等々力陸上競技場などが決まった。

 締結式の終了後、横浜市の林文子市長は「最高のコンディションで競技当日を迎えられるようにおもてなしをしたい」と話した。川崎市の福田紀彦市長は「ようやく契約できてうれしい。市民と盛り上げていきたい」と述べた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング