産経フォト

ウォールでウィザーズ躍進 得点引き出す司令塔

2017.3.21のニュース

スポーツ

ウォールでウィザーズ躍進 得点引き出す司令塔

dly1703210011

 米プロバスケットボールNBAで昨季プレーオフを逃したウィザーズが、東カンファレンス南東地区で首位を走っている。好調の要因は司令塔、ジョン・ウォールの活躍。2010年のドラフトでウィザーズから全体1位指名を受けた逸材は7年目の今季、18日までで1試合平均23得点を挙げ、リーグ2位の10・8アシストをマークしている。

 昨季終了後、両膝の手術を決断し「このチームをもう一度プレーオフに戻す」とチームを通して声明を出した。その言葉通り、今季は開幕から飛ばし、昨年12月には東カンファレンスの月間最優秀選手に選ばれた。

 得点力がある一方、チームメートの得点を引き出すことにも喜びを感じている。4度目の出場を果たした今年のオールスター戦の会見で「試合の勝敗を分ける最後の攻撃で得点したいか、アシストしたいか」と問われると「アシスト」と即答した。スポーツ専門局ESPNのインタビューでは「自分はこのリーグで最高のポイントガードだと思っている」と自信たっぷりに話した。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング