産経フォト

滋賀県知事が大飯原発視察 「再稼働容認できない」

2017.3.20のニュース

ニュース

滋賀県知事が大飯原発視察 「再稼働容認できない」

dly1703200017

 滋賀県の三日月大造知事は20日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)を視察した。知事は「どのように対策を取っているかは分かった」としたが、「再稼働を容認できる環境にないことに変わりはない」と話した。

 大飯3、4号機は、原子力規制委員会が新規制基準を満たしているとする審査書案を了承し、関電が再稼働を目指している。滋賀県は高島市の一部が大飯原発の30キロ圏に含まれる。

 知事は、ポンプ車や送水車、新たな緊急時対策所の基礎工事の現場を視察。「滋賀は福井県に隣接し、実効性ある多重防護体制の構築が必要だが、道半ばだ」とし、「立地自治体だけでなく、周辺自治体も含めた安全協定や再稼働の手続きの在り方について、法定で明確にルール化されるべきだ」と話した。

 関電の豊松秀己原子力事業本部長は「見ていただくことで、安全性を高めるさらなる励みになる」とした。

 県境の山間地にある高島市の「天増川地区」も訪問。山道が狭く、地震を伴う原発災害時に孤立する可能性があり、三日月知事は「今後の課題だ」とした。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング