産経フォト

柴崎デビューに大歓声 監督は「徐々に適応」

2017.3.20のニュース

スポーツ

柴崎デビューに大歓声 監督は「徐々に適応」

dly1703200012

 地元の期待が高まっていた柴崎が、移籍から約1カ月半でようやくデビューした。後半29分にピッチに入ると、大歓声がしばらくやまなかった。

 1点を追う展開で守備的MFとしてプレー。ボールを的確に前へとつなぎ、仲間にも手を高く上げて指示を出し続けた。ただ、得点につながるような働きを見せるには時間が短かった。

 前半に先制点を許したテネリフェは終盤まで攻撃の形が整わず、マルティ監督は柴崎に「もう少し前でプレーしてパスを出してほしかった」と活性化を託したことを明かした。デビュー戦は期待通りには機能しなかったが「徐々にチームにも適応していくだろう」と悲観はしていない。

 チームは今年に入って初黒星。4位はキープしたが、1部昇格プレーオフ圏外となる7位との勝ち点差は3と予断を許さない。一刻も早くチームに順応し貢献したいところだ。(テネリフェ共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング