産経フォト

パラ山本選手が一日署長 飲酒運転撲滅訴え、福岡

2016.11.30のニュース

イベント・祭典

パラ山本選手が一日署長 飲酒運転撲滅訴え、福岡

dly1611300017

 リオデジャネイロ・パラリンピック陸上男子の車いすマラソンに出場した山本浩之選手(50)が30日、福岡県警東署の一日署長に就任した。東署による福岡市東区での年末年始特別警戒出動式の一環。

 山本選手は2011年に飲酒運転事故に遭った長男寛大さん=当時(16)=を失っており、一日署長として「飲酒運転事故は依然、後を絶たない。年末に向けさらなる発生が心配されるので、力強い活動をお願いする」と訴えた。

 山本選手は飲酒運転防止を呼び掛けるステッカーを車いすに貼り各地の大会を走るなど、妻美也子さん(48)と共に積極的に活動してきた。

 東区では06年、飲酒運転の乗用車がRVに追突し、幼児3人が死亡した事故が起きている。

 福岡県警は今年、10月末時点で1166件の飲酒運転を摘発している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング