産経フォト

印、電子決済が急速普及 高額紙幣廃止で現金不足

2016.11.29のニュース

ニュース

印、電子決済が急速普及 高額紙幣廃止で現金不足

dly1611290022

 偽札対策などのために高額紙幣の廃止に踏み切ったインドで、新紙幣への交換が追い付かずに流通する現金が不足し、電子決済が急速に普及している。路上での野菜や果物の売買や、自動三輪タクシーの支払いなど庶民の間でもスマートフォンを使った電子決済が広がってきた。

 インドでは、現金を使った決済が主流。だが、PTI通信によると、インドの電子決済システム最大手ペイティーエムは高額紙幣が廃止された今年11月9日以降、1日の取引件数は平均で約700万件に上り、取引額も12億ルピー(約20億円)に達している。

 約13億人のインドの人口のうち、同社のユーザーは1億5千万人を超えている。

 市場調査によると、インドの電子決済取引額は今後も大きな成長が見込まれるという。(ニューデリー共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング