産経フォト

年金法案、午後に衆院通過 野党、厚労相不信任提出

2016.11.29のニュース

ニュース

年金法案、午後に衆院通過 野党、厚労相不信任提出

dly1611290012

 年金支給額の抑制を強化する年金制度改革法案は29日午後の衆院本会議で採決される。与党などの賛成多数で可決されて衆院を通過、参院に送付される見通しだ。本会議では参院での審議時間を確保するため、30日までの国会会期を12月14日まで14日間延長することも議決される予定。年金改革法案に反対する民進党など野党4党は徹底抗戦する方針で、塩崎恭久厚生労働相の不信任決議案などを衆院に提出した。与党は本会議で反対多数により否決する構えだ。

 年金改革法案を巡り与党は遅くとも12月2日に参院で審議入りし、14日の参院本会議で可決して成立させたい意向。同法案とともに政権が重要課題と位置付ける環太平洋連携協定(TPP)承認案は憲法の規定で9日に自然承認される。ただTPP関連法案の成立も期すため、延長後の国会では質疑に柔軟に応じ、採決の環境を整えたい考えだ。

 自民党の高村正彦副総裁は29日の党役員連絡会で、年金改革法案などについて「会期延長した上で審議し、決めるべき時は決める」と強調した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング