産経フォト

高病原性鳥インフル検出 新潟で30万羽超処分

2016.11.29のニュース

ニュース

高病原性鳥インフル検出 新潟で30万羽超処分

dly1611290008

 新潟県関川村の養鶏場で鶏約40羽が死んでいるのが見つかり、同県は29日未明、鶏から強毒性で大量死につながるH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。農林水産省によると、国内の家禽からの検出は、昨年1月に岡山県と佐賀県で確認されて以来、約2年ぶり。青森市の家禽農場の食用アヒルからもH5型の鳥インフルエンザウイルスを検出。高病原性ウイルスの可能性が高いとみて動物衛生研究所(茨城県つくば市)で分析する。

 新潟、青森両県は、関川村の約31万羽の鶏と、青森市の約1万6500羽のアヒルの殺処分を始めた。新潟県は自衛隊にも出動要請し、12月2日まで24時間態勢で作業に当たる。

 政府は「まん延防止には初動対応が重要」として、29日午前に農林水産省の政務官や専門家らを新潟、青森両県に派遣。関係閣僚会議を開いて対策を協議し、全国的な感染拡大の防止に全力を挙げる。安倍晋三首相も徹底した防疫措置を迅速に進めるよう指示した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング