産経フォト

キックの名手が殿堂入り ラグビーのウィルキンソン

2016.11.29のニュース

スポーツ

キックの名手が殿堂入り ラグビーのウィルキンソン

dly1611290005

 ラグビーの「母国」イングランドの英雄が殿堂入りし、新たな歴史に名を刻んだ。2003年ワールドカップ(W杯)決勝で初の世界一に導くDGを決めた劇的なシーンは今も色あせない。14年に引退したキックの名手、37歳のジョニー・ウィルキンソン氏は「過去は振り返らない性格だが、今は特別な気持ちだ」と感慨をにじませた。

 現役時代はSOとして「世界一の司令塔」と呼ばれ、冷静な判断力と果敢なタックルで抜群の人気を誇った。プレースキックの助走前に「集中力を高めるため」と両手を胸の前で組み、拝むようなしぐさも有名だった。昨年のW杯イングランド大会で活躍し、キックを蹴る前に両手を合わせ、指を立てる独特のポーズで注目された日本代表の五郎丸歩(トゥーロン)も、憧れのスターを参考にしたものだ。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング