産経フォト

国際体操連盟に渡辺新会長 アジア人初

2016.10.19のニュース

ニュース

国際体操連盟に渡辺新会長 アジア人初

dly1610190015

 国際体操連盟(FIG)は19日、東京都内での総会で会長選を行い、日本協会の渡辺守成専務理事(57)が当選した。アジア人初で、五輪実施競技の日本人の国際連盟会長は1994年に死去するまで国際卓球連盟のトップを務めた荻村伊智朗氏以来。任期は2017年からの4年間。投票では欧州体操連合のジョルジュ・グルゼク会長(68)=フランス=に圧勝した。

 国際スポーツ界では近年、日本の影響力低下が課題となっていた。日本人の国際連盟会長が誕生し、存在感が増すことで20年東京五輪へ向けても期待が広がる。当選のあいさつで新会長は「信じて投票してくれた人たちに感謝したい。会長になれたことを誇りに思う。体操にイノベーションを起こす時が来た。体操はスポーツのキングになるだろう」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング