産経フォト

人形協会がUSJに抗議文 ホラーアトラクションで

2016.10.18のニュース

ニュース

人形協会がUSJに抗議文 ホラーアトラクションで

dly1610180025

 日本人形協会(東京)は18日、大阪市の米映画テーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に対し、開催中のホラーアトラクションで使われている日本人形が「誤った負のイメージを強く植え付ける」として、使用中止を求める抗議文を送付したと発表した。

 抗議文は17日付で、USJと人形を提供した淡嶋神社(和歌山市)に送付した。協会は「悲しい。遊んであげることは良いことだが、本来の目的ではない」と説明した。

 アトラクションは「Jホラー・エリア」にある迷路型の「祟 TATARI」。荒廃した村が舞台で、数百体の日本人形が来場者を待ち構える。USJは「貴重な意見として受け止める」とコメントしたが、アトラクションは予定通り11月6日まで続けるという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング