産経フォト

ボートなど韓国開催も検討 IOC会長、午後都知事と会談

2016.10.18のニュース

ニュース

ボートなど韓国開催も検討 IOC会長、午後都知事と会談

dly1610180008

 東京都による2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント会場の見直し問題で、国際オリンピック委員会(IOC)が現計画の海の森水上競技場が建設されない場合には、代替開催地として韓国を検討していると、国内の大会関係者が18日、明らかにした。関係者によると、IOCは海の森水上競技場の整備費が高額であることから、過去にも韓国案を選択肢として示しており、再度持ち出す可能性があるという。

 IOCのバッハ会長は18日午前に羽田空港着の航空機で来日。午後2時から、都の小池百合子知事と会談する。

 関係者によると、IOC側が想定するのは、13年世界選手権や14年仁川アジア大会で使われた韓国中部、忠州のボート場で、国際規格の2千メートルコース8レーンを備える。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング