産経フォト

安倍晋三首相、対北制裁は「中国がカギ」

2016.9.23のニュース

ニュース

安倍晋三首相、対北制裁は「中国がカギ」

dly1609230029

【ハバナ=石鍋圭】安倍晋三首相は23日午前(日本時間同日夜)、訪問先のキューバの首都ハバナで記者会見し、核実験と弾道ミサイル発射を強行する北朝鮮に対する国連安全保障理事会の新たな制裁措置に関して「中国の役割は非常に重要だ。新しい制裁を実効あらしめるためのカギとなる。引き続き積極的な役割を果たすようさまざまなレベルで働きかけていく」と述べ、北朝鮮に融和的な中国側を牽制した。

 同時に「北朝鮮が核開発を続ければ、ますます国際社会から孤立し、その将来を切り開いていくことができないと分からせなければならない」と訴え、厳しい制裁措置が必要との考えも改めて示した。

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)については「日本の国会承認が得られれば、早期発効の弾みとなる」と強調。憲法改正に向けた取り組みについては「憲法改正は国会が発議し最終的には国民投票で決まる。国民的な議論を深めていく必要がある。自民党の担当者には努力を深めてもらいたい」と述べた。

 民進党の蓮舫代表が、批判だけでなく、対案を積極的に示す路線を表明したことに対しては「議論を深めて建設的な議論になることを期待する」と述べた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング