産経フォト

中国、無人機で尖閣測量 12年の国有化前後

2016.9.23のニュース

ニュース

中国、無人機で尖閣測量 12年の国有化前後

dly1609230018

 日本政府が沖縄県・尖閣諸島を国有化した2012年9月の前後に中国がたびたび無人機を使い、同諸島の地理データを収集したり測量したりしていたことが分かった。中国のニュースサイト「新浪軍事」が23日までに伝えた。

 日本政府は、中国機による尖閣諸島の領空侵犯は12年12月の国家海洋局所属の固定翼機によるものが初めてとしている。だがそれ以前に測量目的の無人機が同諸島周辺の飛来を繰り返していたことが判明し、中国の無人機の運用に対する懸念が高まりそうだ。

 同サイトによると、中国の無人機は12年4月27日~5月27日の間、衛星利用測位システム(GPS)を搭載し、尖閣諸島の地理データを収集した。さらに同年9月18日と19日、10月1日の3日間、2千分の1の地形図作成のため、国産無人機による測量を実施した。(北京共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング