産経フォト

東京ブックフェアが開幕 「読者本位」で不況打破

2016.9.23のニュース

ニュース

東京ブックフェアが開幕 「読者本位」で不況打破

dly1609230009

 日本最大の本の見本市「第23回東京国際ブックフェア」が23日、東京・有明の東京ビッグサイトで開幕した。出版社など約470団体が参加し、25日までの会期で約4万人の来場を見込んでいる。

 例年の7月の水~土曜日開催をやめ、今回は集客が期待できる9月の金~日曜日に会期を移行。本離れが懸念される中、親しみやすいイベントを増やして「読者本位」を強調、長引く出版不況の打破を目指すという。

 日本書籍出版協会理事長の相賀昌宏・小学館社長は「本を介して出版関係者と読者が語り合う、活気ある3日間になると確信している」とあいさつした。

 今回の特色は、湊かなえさん、朝井リョウさんら人気作家、出版関係者の講演や、子ども向けワークショップなど。約100万冊をそろえ、多くの出版社が定価の2割引き程度で販売するなどして、幅広く本の魅力をアピールする。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング