産経フォト

アイヌ民族の英雄しのぶ 北海道新ひだか町で法要祭

2016.9.22のニュース

イベント・祭典

アイヌ民族の英雄しのぶ 北海道新ひだか町で法要祭

dly1609220017

 江戸時代に松前藩の収奪に抵抗し、蜂起したとされるアイヌ民族の英雄シャクシャインをしのぶ法要祭が22日、北海道新ひだか町の真歌公園で開かれた。北海道各地から集まったアイヌと和人(アイヌ以外の日本人)が共に祈りをささげ、民族共生に思いをはせた。

 アイヌの首長だったシャクシャインは寛文9(1669)年、松前藩の不公平な交易方針などに抵抗して一斉蜂起し、同10月23日に松前藩との和睦の席で謀殺されたとされる。法要祭は天候を考慮して命日の約1カ月前に当たる秋分の日に開かれ、今年で70回目。

 この日はさわやかな晴天の下、サケや果物が供えられたシャクシャイン像の前で、民族衣装に身を包んだアイヌと和人が神に祈る儀式「カムイノミ」に参加した。法要祭実行委員会の大川勝委員長は「悲しい歴史を忘れずに若い世代に伝え、アイヌと和人で共存共栄していきたい」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング