産経フォト

もんじゅ廃炉前提に見直し 政府、年内に結論

2016.9.21のニュース

ニュース

もんじゅ廃炉前提に見直し 政府、年内に結論

dly1609210032

 政府は21日夕、原子力関係閣僚会議を開き、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、廃炉を前提に抜本的に見直す方針を確認した。菅義偉官房長官が明らかにした。もんじゅ抜きでも核燃料サイクル政策は維持、もんじゅに代わる高速炉研究の方向性を協議する官民会議を設置し、地元の意向も踏まえた上で、年末までに正式な結論を出す見通しだ。
 もんじゅには1兆円以上の国費が投じられたが、運転実績はほとんどない。安全管理上の不祥事が相次ぎ、原子力規制委員会が所管の文部科学相に運営主体の変更を求めていたが、体制刷新は困難な上、試算で再稼働に約5800億円が必要とされる追加投資に国民の理解は得られないと判断した。一方、廃炉の場合でも約3千億円必要との試算もある。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング