産経フォト

地ビールで地域の魅力PR 首長連合、都内でイベント

2016.9.21のニュース

ニュース

地ビールで地域の魅力PR 首長連合、都内でイベント

dly1609210029

 自慢の地ビールや地域の食材を楽しんで-。新潟市など8市町が特産品を販売するイベントが21日、東京都港区の「新虎通り」で始まった。2020年東京五輪・パラリンピックを生かして地域活性化を目指す全国350余りの首長連合の主催で、22日まで。

 通りの歩道上に設置した仮設ブースや店舗で、地ビールや特産品を生かしたメニューが並んだ。備前焼のビアマグを出品した岡山県備前市の吉村武司市長は「国内外の人たちに備前焼の素晴らしさを発信したい」と意気込んだ。

 新虎通りは、20年五輪で湾岸部の選手村と都心の競技場を結ぶ道路の一部。東京都はオープンカフェを配置するなどして観光スポットにする構想を描く。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング