産経フォト

熊本・鹿児島の穴場温泉 サイト開設、存続を応援

2016.9.21のニュース

ニュース

熊本・鹿児島の穴場温泉 サイト開設、存続を応援

dly1609210008

 鹿児島市出身の大迫直志さん(34)が、鹿児島県や熊本県南部で住民に長く親しまれている穴場の温泉を紹介するサイト「知られざる地元の名泉」を開設した。小規模な温泉施設がこれからも存続できるよう、観光客らの利用を増やす手助けをするのが狙いだ。

 サイトでは「温泉の気持ちよさを伝えたい」との思いから、湯につかってうれしそうに笑みを浮かべる常連客の顔を並べた。海外からの旅行客向けに英語のページもあり、温泉利用のマナーも掲載している。

 前に大迫さんは旅行事業に携わっており、多くの温泉地が経営難や後継者不足で悩んでいることに気付いたという。6月に東京都内で起業。経営する仲間と共に、ふるさとの九州南部から温泉の取材を始めた。大迫さんは「九州全県、さらには全国の情報を発信したい。ガイドブック出版や温泉施設の運営代行もしたい」と、夢を膨らませている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング