産経フォト

花を染めてみよう 夏休みの自由研究向け

2016.7.10のニュース

エンタメ

花を染めてみよう 夏休みの自由研究向け

dly1607100001

 繊維用染料販売のトリイ(愛知県西尾市)は、切り花染色剤「フラワーパレット」の自由研究用セットを販売している。花が染まっていく変化を観察できるため、鳥居英子取締役(61)が子どもの夏休みの宿題向けに商品化した。

 500ミリリットルのペットボトルに8分目まで入れた水に、染色剤1袋分を混ぜ、染色液をつくる。カーネーションなど白っぽい花の茎を立てた容器に適量を注ぎ、約2時間、花びらの色の変化を観察する。

 花の種類や室温によって染まる速さに違いが出る。染まった花の茎を輪切りにすると水を吸い上げる道管も観察できる。

 写真や文章で変化の様子を記録する「観察まとめノート」も付いている。「夏休み終盤になって慌てる子どもも多い。一日で完成できるように配慮した」と説明する。購入者からは「(子どもに提案して)父親の株が上がった」などと喜びの声が届くという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング