産経フォト

平昌五輪のマスコット決定 韓国象徴する白虎とクマ

2016.6.2のニュース

スポーツ

平昌五輪のマスコット決定 韓国象徴する白虎とクマ

dly1606020031

 2018年平昌冬季五輪の大会組織委員会は2日、五輪とパラリンピックの大会マスコットに、白虎の「スホラン」とツキノワグマの「バンダビ」が、それぞれ国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)の承認を受け正式決定したと発表した。

 トラは韓国を象徴する動物として1988年ソウル五輪のマスコットにも登場した。今回は東洋で守護神とされる白虎を採用し、名前の「スホラン」は守護の韓国語読み「スホ」と、トラの「ホランイ」、開催自治体の江原道民謡「旌善アリラン」を掛けた。

 クマは、古朝鮮の始祖とされる檀君の神話に登場し、韓国では神聖視されている。「決断力や広い心を持つイメージ」(組織委)からパラリンピックのマスコットに採用、ツキノワグマを意味する韓国語から命名した。

 無料通信アプリなどでも活用するといい、組織委は「全世界の人々と平昌を結ぶ役割を担い、大会を国内外にPRしたい」としている。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング