産経フォト

世界問題で政策提言進める 市民サミット、宣言採択

2016.5.24のニュース

ニュース

世界問題で政策提言進める 市民サミット、宣言採択

dly1605240024

 伊勢志摩サミット開催に合わせ集まった国内外のNPOや非政府組織(NGO)メンバーらが、三重県四日市市で開いた「市民の伊勢志摩サミット」は24日、世界が直面している問題の話し合いを生かし「自治体、国、国際機関に対して政策提言活動を継続し、市民協働による政策作りを進める」といった宣言を採択、閉幕した。

 市民サミットは23日から開かれ、環境や平和、移民・難民、子どもの貧困などをテーマとした分科会で議論し、24日の全体会で成果を報告した。

 報告では、シリア難民分科会を主催した支援団体「サダーカ」の森野謙さんが「日本はシリア紛争について利害がないので、中立的な立場で和平を主導できる」と指摘。分科会として、シリア人難民らが自国の未来を話し合うフォーラムを日本政府が主催し、成果を発信するよう求める提言をした。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング