産経フォト

危険廃棄物の不法投棄多発 中国、土壌や水汚染深刻

2016.5.13のニュース

ニュース

危険廃棄物の不法投棄多発 中国、土壌や水汚染深刻

dly1605130026

 中国国営通信、新華社系の週刊誌「瞭望」は13日までに、中国で化学工場や製油所、鉱山、医薬産業などから排出される危険な廃棄物は毎年数千万トンに上り、多くが適切な処理を経ずに不法投棄されていると報じた。処理施設の不足や、企業側が処理費用の“節約”をもくろむことが原因で、土壌や地下水の汚染が一層深刻化すると警告した。

 湖南省懐化市では1月、約80トン分の乾電池が不法投棄されていたのがみつかった。無許可の金属加工業者が鉛板など再利用できる部品を取り出し後、地下排水溝に捨てていた。江蘇省の六つの企業は廃棄する塩酸や硫酸計約2.5トンを、闇業者を通じて河川に流していたという。

 同誌は不法投棄が相次ぐ原因として、処理施設の不足のほか(1)闇業者を通じた廃棄価格は正規の10分の1(2)低い監視・取り締まり能力(3)当局の危険廃棄物の検出能力不足-などを挙げた。専門家は全国統一の監視制度構築などが必要と訴える。(北京共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング