産経フォト

新燃岳あふれる溶岩流撮影 1月打ち上げの観測衛星

地球観測衛星「ASNARO2」が10日午前6時34分に捉えた新燃岳の火口。火口の左上(北西部)の部分(白丸で囲んだ部分)で溶岩流があふれ出ている。画面上は北方向(NEC提供)

地球観測衛星「ASNARO2」が10日午前6時34分に捉えた新燃岳の火口。火口の左上(北西部)の部分(白丸で囲んだ部分)で溶岩流があふれ出ている。画面上は北方向(NEC提供)