産経ニュース

ニュース特集

ニュース特集

  • ポケモンGO

    スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」。日本では配信開始直後から一気に人気となったが、徒歩や自転車に乗りながら遊ぶ「ながらスマホ」など、利用者のマナーが問題となっている。

  • 中国アパホテル拒否

     アパグループのホテル客室に「南京大虐殺」などを否定する書籍を備えたとして、中国政府が非難。国内の訪日客にアパホテルを利用しないよう呼びかけた。

  • 山口組分裂

    日本最大の指定暴力団山口組の直系組織が複数離脱し、新組織を結成することが判明。結成から100年を迎える山口組は事実上、分裂した。抗争へ発展する恐れもあり、市民生活への影響が懸念される

  • 18歳選挙権

     選挙権年齢を「20歳以上」と規定していた公選法が改正され、「18歳以上」に引き下げられた。国政選挙では6月22日公示、7月10日投開票の参院選で初めて適用される。「18歳選挙権」に関連する記事をまとめた。

  • 三笠宮さま薨去

     大正天皇の第4皇男子で、天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が27日午前8時34分、入院していた東京都中央区の聖路加国際病院で薨去(こうきょ)された。

  • マティス米国防長官来日

    米国のマティス国防長官は就任後初の外遊で日韓両国を訪問し、2月3日に安倍晋三首相らと、4日には稲田朋美防衛相と会談。これが、トランプ米政権の閣僚として初めての来日となった。

  • 安倍首相真珠湾訪問

    安倍晋三首相は日米開戦の地となった真珠湾で戦死者を慰霊するため政府専用機でハワイを訪問。真珠湾攻撃などの戦死者が眠る米国立太平洋記念墓地などを巡る“慰霊の旅”をスタートした。

  • 「帝国の慰安婦」著者に無罪判決

     慰安婦問題に関する韓国の学術書「帝国の慰安婦」で、元慰安婦の名誉を傷つけたとして名誉毀損の罪に問われた朴裕河(パク・ユハ)世宗大教授の判決公判が、ソウル東部地裁で開かれ、同地裁は朴氏に無罪判決(求刑・懲役3年)を言い渡した。

  • 韓国サムスン欠陥スマホ 日本の部品メーカーも巻き添えに!?

    韓国のサムスン電子が発売した新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」でバッテリーの欠陥が判明。スマホ世界首位メーカーの「失策」の影響は…。

  • 人財養成塾 One-Will

     就職活動では選考開始時期が前倒しになり採用、就職環境は激変が続いています。企業の採用担当者、就職を目指す大学生などから、戸惑いの声も聞かれます。そこで、大学生を対象に働く心構えを育む「次代人財養成塾 One-Will」(主催:秀實社)は、人材育成に高い関心を寄せる中堅企業の経営者に、採用戦略、解禁時期変更の影響、求める学生像などについて、ホンネで意見交換をしてもらう座談会を開きました。

  • 歌会始

    新年恒例の「歌会始の儀」が皇居・宮殿「松の間」で、「野」をお題に行われた。入選した10人の歌などが古式ゆかしい独特の節回しで披露された。

  • 仏留学の女子大生行方不明

    【仏留学の女子大生行方不明】カード複数回使用の形跡 手配男の足取り確認急ぐ

  • 春の高校バレー2017

    ジャパネット杯「春の高校バレー」として開幕した第69回全日本バレーボール高校選手権大会。過去には木村沙織、石川祐希ら多くの全日本選手を輩出。今大会は男女104校が熱戦を繰り広げる。

  • ダッカ人質テロ

     バングラデシュのダッカで、武装グループがカフェに押し入り、日本人含む客を人質に立てこもった。地元治安部隊が現場に突入し人質13人を救出するも、不明となっていた日本人7人の死亡が確認された。

  • 検証・文革半世紀

     中国で文化大革命が始まってから50年。政治、経済、社会全般に及ぶ激動の爪痕を追い、この国の行方を探る。

  • ASKAまた覚醒剤

     警視庁組織犯罪対策5課は11月28日夜、覚せい剤取締法違反の疑いで、ASKA容疑者を逮捕。同容疑者は2014年9月、覚せい剤取締法違反と麻薬取締法違反の罪で懲役3年、執行猶予4年の判決を受け、執行猶予中だった。

  • オウム裁判

    1審「懲役5年」から控訴審で逆転、無罪判決が下された菊地直子被告。公判では爆発で重傷を負った被害者に謝罪する一方で、「運んだ薬品が爆弾テロや殺人に使われるとは想像もできなかった」と無罪を主張していた

「ニュース」のランキング