産経ニュース

ニュース特集

ニュース特集

  • メイ英首相来日

    英国のメイ首相が8月30日、2016年7月の就任後初めて来日。安倍首相は京都でメイ氏を出迎え、お茶会と非公式の夕食会で手厚くもてなした。

  • タカタ経営破綻

     欠陥エアバッグのリコール問題で経営が悪化しているタカタは26日、民事再生法の適用を東京地裁に申請した。負債総額は1兆円超で、製造業の経営破綻としては戦後最大となった。

  • 緊迫 南シナ海

    南シナ海での中国の主権主張を退けたオランダ・ハーグの仲裁裁判所の裁定から1年、緊張状態は今も続いている。

  • 譲位特例法案 成立

    天皇陛下の譲位を可能にする特例法が6月9日の参院本会議で可決、成立した。譲位が実現すれば江戸時代後期の光格天皇以来、約200年ぶりとなる。

  • ネット障害

    国内のインターネットの各種サービスで25日正午過ぎから大規模な通信障害が発生した。

  • 山口組分裂

    日本最大の指定暴力団山口組の直系組織が複数離脱し、新組織を結成することが判明。結成から100年を迎える山口組は事実上、分裂した。抗争へ発展する恐れもあり、市民生活への影響が懸念される

  • 韓国 THAAD配備問題

     中韓国交正常化から25年-。貿易額が33倍に伸びるなど深化してきた関係は、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備決定で一気に冷え込んでいる。

  • 東京都議選

    都議選から約2カ月、下村博文会長の後任決まらぬ自民東京都連 「次の衆院でも同じ」の声

  • 百田尚樹氏講演会中止問題

     一橋大の新入生歓迎会KODAIRA祭の実行委員会は、開催予定だった作家の百田尚樹さんの講演会を中止すると発表した。百田さんは、自身のツイッターで「聞くところによると、サヨクの連中から凄まじい脅迫と圧力を受け続けていたらしい」として、左派系団体から嫌がらせがあったと主張。「おぞましさに吐き気がする」と非難した。

  • 阪神大震災22年

    平成7年1月17日に起きた阪神大震災から22年。復興の道のりを振り返りつつ、震災を知らない世代に、その教訓を語り継ぐ活動も行われている。

  • 稲田防衛相辞任

     稲田朋美防衛相が28日、記者会見を開き辞任する意向を表明した。

  • 蓮舫氏「二重国籍」問題

    民進党の蓮舫代表は7月18日に記者会見を行い、台湾籍と日本国籍との「二重国籍」問題をめぐり、日本国籍の選択宣言をしたことを証明するため戸籍謄本の一部など関係書類を公開した。

  • 内閣改造

    安倍晋三首相は3日午後、第3次安倍再改造内閣の閣僚を決め、菅義偉官房長官が閣僚名簿を発表した。

  • 東京五輪まで3年

    2017年7月24日、2度目の東京五輪開幕まであと3年を迎えた。前回と同じ高揚、興奮をもって開会式を迎えることができるだろうか。

  • 文科省、天下り斡旋問題

    文部科学省で元幹部の再就職先を組織的に斡旋していたことが発覚。人事課がOBを仲介し斡旋する仕組みを設けていたことも判明し、安倍首相は全省庁を対象に再就職状況の調査を行うよう指示した。

  • 蓮舫代表辞意

     民進党の蓮舫代表は27日午後の記者会見で、代表を辞任する考えを表明した。同日昼の臨時執行役員会に報告し、了承されたという。

  • 日野原重明さん死去

    聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)氏が7月18日午前6時33分、呼吸不全のため死去。105歳だった。

  • 電通女性社員過労自殺

    社員に違法な長時間労働をさせていたとして、厚労省は労働基準法違反の疑いで、法人としての電通と、過労自殺した女性社員の当時の上司を書類送検。強制捜査に着手してからわずか1カ月半という異例のスピードで立件となった。

  • 日米首脳会談

     安倍晋三首相は9日午後(日本時間10日午前)、米ワシントン近郊のアンドルーズ 空軍基地に政府専用機で到着。10日午後にホワイトハウスで、トランプ大統領と会談した。

  • テロ等準備罪

     共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案は23日午後、衆院本会議で採決され、自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決された。

「ニュース」のランキング