産経ニュース

神戸製鋼データ改竄

神戸製鋼データ改竄

製品の性能データ改竄問題で、コーポレートガバナンスが根底から揺らぐ神戸製鋼所。8日に最初のアルミ・銅製品の不正を公表して以降、毎日のように続々と新たな不正が発覚した。

トップニュース

更新

神戸製鋼の立て直しに水を差す「米中貿易摩擦」 いばらの道歩む新社長

 製品データ改竄(かいざん)問題に揺れる神戸製鋼所が、4月1日付で副社長から昇格した山口貢(みつぐ)社長(60)のもとで再スタートを切った。山口氏には事業部門トップとしての実績があり、社内の評価も高い。もっとも、再発防止策を徹底し、地に落ちた信頼を回復するのは容易ではない。しかも、深刻化する「米中貿…【続きを読む】

この特集のニュース

「ニュース」のランキング