産経ニュース

神戸製鋼データ改竄

神戸製鋼データ改竄

製品の性能データ改竄問題で、コーポレートガバナンスが根底から揺らぐ神戸製鋼所。8日に最初のアルミ・銅製品の不正を公表して以降、毎日のように続々と新たな不正が発覚した。

トップニュース

更新

国内メーカー続く不正 利潤追求優先、縦割り 報告書から浮かぶ“病巣”

 国内メーカーの信頼を失墜させる不祥事が相次いでいる。神戸製鋼所の性能データ改竄(かいざん)事件で東京地検と警視庁が本社などを家宅捜索した5日には、SUBARU(スバル)の新たな燃費不正も発覚。昨年後半以降、三菱マテリアルや日産自動車なども不正を明らかにして謝罪している。「日の丸ブランド」の現場で何…【続きを読む】

この特集のニュース

「ニュース」のランキング