産経ニュース

受動喫煙問題

 厚労省と自民党の折り合いに見通しが立たず、今国会での成立を断念した受動喫煙防止法案。都議選でも「都民ファーストの会」が公約に盛り込むなど、その動向に注目が集まる。

トップニュース

更新

受動喫煙防止の改正案、喫煙可は150平方メートル以下に 厚労省、自民と調整

 他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙対策について、厚生労働省が、店舗面積150平方メートル以下の飲食店での喫煙を認める新たな案を自民党と調整していることが16日、分かった。自民側の案に妥協した形で、来年の通常国会に対策を強化した健康増進法の改正案提出も検討している。【続きを読む】

この特集のニュース

「ニュース」のランキング