産経ニュース

受動喫煙問題

 厚労省と自民党の折り合いに見通しが立たず、今国会での成立を断念した受動喫煙防止法案。都議選でも「都民ファーストの会」が公約に盛り込むなど、その動向に注目が集まる。

トップニュース

更新

与党、延長国会でIR実施法案、受動喫煙対策法案などの成立目指す 20日の与党党首会談で延長幅を最終判断

 今国会の会期末が20日に迫り、与党は会期を延長して残る重要法案の成立を目指す。安倍晋三政権が最重要課題に掲げる働き方改革関連法案は成立が見込まれるが、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案は19日にようやく参院に送付され、綱渡りの国会運営を強いられる。【続きを読む】

この特集のニュース

「ニュース」のランキング