産経ニュース

受動喫煙問題

 厚労省と自民党の折り合いに見通しが立たず、今国会での成立を断念した受動喫煙防止法案。都議選でも「都民ファーストの会」が公約に盛り込むなど、その動向に注目が集まる。

トップニュース

更新

飲食店業界「一律な規制は廃業を生む」 東京都の受動喫煙防止条例骨子案を批判 小池知事に署名提出

 東京都内の飲食店やたばこ販売店など4つの業界団体は24日、都庁を訪れ、「一律的で過度な規制は、零細が多い業界で深刻な売り上げ減少や廃業を生む」として、都が制定を検討している受動喫煙防止条例について慎重な議論を求める要望書と約18万人分の署名を小池百合子知事に提出した。【続きを読む】

この特集のニュース

「ニュース」のランキング