産経ニュース

東芝危機

 経営危機で主力の半導体事業の売却を進めている東芝。すでに国民的アニメ番組「サザエさん」のスポンサー降板を検討しているが、ほかにもパソコンやテレビ事業からの撤退を視野に入れ、野球やラグビーなど企業スポーツの運営も聖域なく見直す方針だ。東芝には何が残るのか-。

トップニュース

更新

東芝メモリ審査、米中摩擦で膠着 売却撤回も視野に

 東芝が経営再建に向け、喫緊の課題と位置づける半導体メモリー子会社「東芝メモリ」の売却が膠着している。中国当局による独占禁止法の審査は「作業自体は終わったが、米中貿易摩擦の影響で最終承認が下りない」(関係者)というのだ。東芝は複数の代替案を検討しており、審査通過が見通せない状況が続けば、売却撤回に傾…【続きを読む】

この特集のニュース

「ニュース」のランキング