産経ニュース

文科省、天下り斡旋問題

文科省、天下り斡旋問題

文部科学省で元幹部の再就職先を組織的に斡旋していたことが発覚。人事課がOBを仲介し斡旋する仕組みを設けていたことも判明し、安倍首相は全省庁を対象に再就職状況の調査を行うよう指示した。

トップニュース

更新

内部調査で監視強化を 違法天下り、再発防止へ

 文部科学省は18日、違法な天下りの再発防止策を議論する有識者検討会の初会合を開いた。有識者からは、外部の人材を交え定期的に職員の再就職の経緯を内部調査し、違法行為への監視を強めるべきだとの意見が出た。今後も会合を重ね提言をまとめる方針だが、時期は未定としている。【続きを読む】

この特集のニュース

「ニュース」のランキング