産経ニュース

釜山・慰安婦像設置

釜山・慰安婦像設置

 韓国釜山の日本総領事館前に地元の市民団体が慰安婦像を設置。一時は地元の釜山市東区が撤去するも、一転、東区は像の設置を許可し、市民団体によって再び設置された。これに日本政府が対抗措置として駐韓国日本大使ら一時帰国させ、早期の像撤去を求めた。

トップニュース

更新

慰安婦像の“公共物化”が進む韓国 撤去にはほど遠く 駐韓日本大使の帰国から9日で2カ月

 【ソウル=名村隆寛】韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦像を設置した国際条約違反に、日本政府が長嶺安政駐韓大使の帰国などの対抗措置を取って9日で2カ月となる。しかし、像が撤去されないばかりか、逆に「公共造形物」に指定する動きもある。「公共物に指定されれば、容易に撤去できない」との狙いがうか…【続きを読む】

この特集のニュース

「ニュース」のランキング