産経ニュース

阪神大震災22年

平成7年1月17日に起きた阪神大震災から22年。復興の道のりを振り返りつつ、震災を知らない世代に、その教訓を語り継ぐ活動も行われている。

トップニュース

更新

阪神大震災経験した消防士の思いつまった防災絵本…様子リアルに描いた「地震がおきたら」全国の書店で販売中

 阪神大震災の記憶を語り継ぐことで防災意識を高めようと、神戸市消防局員が企画した防災絵本「地震がおきたら」(BL出版)が全国の書店で販売されている。母親が小学生の子供たちに震災の経験を通して地震発生時の身の守り方などを語る内容で、発案者の垂水消防署消防司令の谷敏行さん(37)は「親しみやすい絵本を通…【続きを読む】

この特集のニュース

「ニュース」のランキング