産経ニュース

激震・朴槿恵政権

激震・朴槿恵政権

 韓国・朴槿恵大統領は11月29日、国民向け談話を発表、友人で女性実業家の崔順実被告らによる国政介入事件の責任を取り、条件付きながら、任期満了前に辞任する意向を示した。1987年の民主化以降、現職大統領が任期途中に辞任するのは初。

トップニュース

更新 写真あり

逮捕された五輪担当相の辞表を受理 朴槿恵氏の「表現の自由侵害」疑惑にも捜査のメス

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の疑惑を捜査する「特別検察官」(特検)は21日、朴政権が批判的とみなした芸能人や文化人らを掲載した「ブラックリスト」を作成し、圧力を加えたとして、職権乱用などの疑いで、ともに朴氏の最側近だった金淇春(キム・ギチュン)元大統領秘書室長と趙允旋(チョ…【続きを読む】

この特集の写真

  • 【激震・朴政権】逮捕された五輪担当相の辞表を受理 朴槿恵氏の「表現の自由侵害」疑惑にも捜査のメス
  • 【激震・朴政権】元秘書室長と現職女性閣僚を逮捕 韓流スターらブラックリスト疑惑で韓国特検…平昌五輪担当相が「空席」に
  • 【激震・朴政権】ソウル中央地裁が元秘書室長と五輪担当相の逮捕状を審査
  • 【激震・朴政権】朴槿恵大統領ら別人名義の携帯使用 盗聴警戒と元高官
  • 【激震・朴政権】朴槿恵氏ら別人名義の携帯使用 盗聴警戒と元高官
  • 【激震・朴政権】サムスントップの逮捕状棄却 「世論迎合捜査」宿命づけられた韓国特検のつまずき…「正義は死んだ」ネットにあふれる非難
  • 【激震・朴政権】サムスントップの逮捕状を棄却「必要性認め難い」ソウル中央地裁 
  • 【激震・朴政権】朴政権元ナンバー2の金淇春氏と女性閣僚・趙允旋氏の逮捕状を請求、韓国特検 韓流スターらブラックリスト疑惑
  • 【激震・朴政権】サムスントップの逮捕状を審査、ソウル中央地裁 朴氏側に「不正依頼」VS「強要の被害者」
  • 【激震・朴政権】韓国財界から牽引役の「経営空白」懸念する声 朴槿恵大統領の「罪」立証で「他人を無理に拘束するな」

この特集のニュース

「ニュース」のランキング