産経ニュース

NHK受信料 制度めぐり渦巻く疑問の声

NHK受信料 制度めぐり渦巻く疑問の声

 NHK受信料をめぐっては、国民の間に「見ていない人まで負担を求められる」といった根源的な不信感が根強い。ワンセグ放送の契約義務をめぐる訴訟も起きるなど、受信制度はいま新たな課題に直面している。

トップニュース

更新

NHK受信料訴訟、12月6日に上告審判決 最高裁大法廷

 テレビがあるのに受信契約を拒んだ男性に、NHKが受信料を請求できるかが争われた訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は1日、判決を12月6日に言い渡すと決めた。受信料制度の合憲性について最高裁が初判断を示すとみられる。放送法64条1項は「受信設備を設置した者は、NHKと受信についての契約をし…【続きを読む】

この特集のニュース

「ニュース」のランキング