産経ニュース

電通女性社員過労自殺

電通女性社員過労自殺

 電通の違法残業事件の判決公判が10月6日、東京簡裁で開かれた。菊地努裁判官は「違法な時間外労働の態様は軽視できるものでなく、尊い命が奪われる結果まで生じたことは看過できない」として、電通に求刑通り罰金50万円を言い渡した。

トップニュース

更新

「旧態依然の働き方」に問題意識突きつける

 電通の違法残業事件は公開の法廷で審理され、司法が「違法な長時間労働が常態化していた」と断じた。高度経済成長期以来、日本の企業や経済の発展を支えてきたとも言われた長時間労働。しばしば明るみに出るのは氷山の一角にすぎない。旧態依然とした風潮は払拭できるのか。事件は電通だけでなく、日本社会全体に大きな課…【続きを読む】

この特集のニュース

「ニュース」のランキング