産経ニュース

ロシアゲート疑惑

ロシアゲート疑惑

 米大統領選でロシアとトランプ陣営のつながりに関する疑惑が浮上。ロバート・モラー元連邦捜査局(FBI)長官が捜査を指揮することとなった。

トップニュース

更新

セッションズ米司法長官 キスリャク駐米露大使と昨年の米大統領選期間中に対露政策議論 米紙報道

 【ワシントン=加納宏幸】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は21日、セッションズ米司法長官が昨年の米大統領選期間中にトランプ陣営幹部としてキスリャク駐米ロシア大使と接触した際、大統領選やロシア側が関心を持つトランプ氏の政策を議論していたと報じた。【続きを読む】

この特集のニュース

「ニュース」のランキング