産経ニュース

川崎市の光化学スモッグ減らず 注意報発令が昨年超え

ライフ ライフ

記事詳細

更新


川崎市の光化学スモッグ減らず 注意報発令が昨年超え

 川崎市内で今夏に発令された光化学スモッグ注意報が12日までに計6回を数え、昨年の発令数(計4回)を上回っている。原因物質となる光化学オキシダント濃度はここ数年、高止まりしており、国の環境基準達成は遠い。大気汚染のイメージが根強い同市の担当課は「発生のメカニズムを知ることや、危機意識の向上が削減への第一歩となる」として、大気環境の改善に努めている。

 「光化学スモッグ注意報が発令されました。屋外での激しい運動は控えましょう」。日差しの強い暑い日、ものものしい防災無線が市内に響きわたる。

 複雑な発生原因

 川崎市民が一度は耳にする放送だ。京浜工業地帯の中核として発展してきた同市は、大気汚染との戦いの歴史が長く、大気環境が大幅に改善されたいまも「空気が悪い」というイメージは根強い。

 微小粒子状物質「PM2・5」やNOx(二酸化窒素)は、全測定局で環境基準を達成するなど成果を上げているが、この光化学オキシダントについては、なかなか改善が進まないのが現状だ。福田紀彦市長は記者会見で「発生原因が非常に複雑。数値をどう下げていいのか…」と述べ、手をこまねいている様子をうかがわせた。

 昭和45年度の測定開始以来、大気中の濃度が一番高かったのが49年度で、昼間の年平均値が0・037ppm。その後改善し、61年度には最少値の0・013ppmにまで減少した。

 ただ、そこから再び悪化し、現在まで上昇傾向が続く。平成25年度以降は5年連続で0・032ppmを記録。最悪時の86%程度となっている。

続きを読む

「ライフ」のランキング